FC2ブログ

10.30凛々たる日常

【記事_デムーロルメール天皇賞

おはようございます。

何だか読んでいるだけで
楽しくなるのが

競馬ネタ


本日はnumberの記事より


最後に天皇賞最終追い切りを!
限定公開してます。



Number Web より

デムーロルメール


二人が語る日本競馬。
いま評価するライバルジョッキーは?


Number編集部

「日本のジョッキーはみんな上手いよね!」

 酒が進みはじめると、クリストフが口火を切ってライバルジョッキーのことを語りはじめた。

 今年2月の免許試験に合格し、ミルコ・デムーロとクリストフ・ルメールは晴れてJRA所属ジョッキーとなった。

 それから8カ月が経過し、ふたりとも日本の競馬にすっかり馴染んでいる。リーディングでも3月からの騎乗ながらミルコは3位、クリストフは7位(10月25日時点)と、その力を存分に発揮している。

 Number888号の競馬特集では、そんな彼らに対談で日本の競馬の現状と未来を語ってもらおうと、京都のとある割烹の座敷で酒を酌み交わす、という機会を用意したのだ。

「そうそう、(武)ユタカさんだけじゃないよね。トップジョッキーじゃなくても上手い人はたくさんいるよ」

 ミルコも口が滑らかになってきた。

日本の騎手育成に足りないものとは。
 ふたりが最近気になっている騎手は、田辺裕信や岩田康誠。

「タナベは生まれ持ってのバランス感覚を感じるし、追ってからも力強い」(クリストフ)

「あとはイワタさん。大きいレースを勝つ集中力がすごい」(ミルコ)

 他にも固有名詞はずらずらと。横山典弘、蛯名正義、浜中俊などについて、騎手ならではの視点で日本人の能力の高さを語ってゆく。

 だが一方で、日本の騎手ならではの育成上の問題点もあるという。

 ヨーロッパと比較して、幼い頃から人が馬と接する機会が少ないことを、2人は指摘した。

 クリストフもミルコも競馬一家に育ち、子供の頃から馬に親しんでおり、それが騎手としての下地になっている。対して日本の場合、馬と接する機会が少なく良い騎手が育ちにくい──よく言われることだ。

「でも、馬乗りは才能の影響が大きいから、乗り始めるのが多少遅くても競走では残るべき人が残っていくと思う。問題はそこじゃない。ヨーロッパと比べて日本のジョッキーに足りないのは、海外での経験だよ」

ヨーロッパでは母国以外での騎乗は当たり前。
 クリストフが指摘したのは「もっと海外に出ろ」ということだった。

 生まれはミルコがイタリアでクリストフはフランス。ヨーロッパにはイギリス、ドイツなど主要国で軒並み競馬が盛んだから、騎手は母国以外で騎乗するのが当たり前なだけに、日常的に海外に出ない日本人は経験不足に陥りやすいというのだ。

 ミルコはとりわけ若い騎手に海外をすすめる。

「特に若い子は海外で経験を積むといい。飛躍的に上手くなれる可能性があるからね。僕自身、イタリアだけで乗っていたら、日本でこんなに勝てなかったはずだから」

 対談はフランス語、イタリア語、英語に日本語という、なんと4カ国語のミックスで行われた。

 そのこと自体が彼らの経験値の高さを表わしているし、過去の勝利に触れると話のスケールが途端に大きくなる。

「ヴィクトワールピサでドバイワールドカップを勝たせてもらったけど、やっぱり日本馬で海外のGⅠに勝つのは夢だった」

 2011年の格別な勝利を思い出し、ますますミルコの酒のピッチが早まる。

2人の日本での目標。
「僕は今なら日本の馬に乗って凱旋門賞で勝ちたい。日本のホースマンも凱旋門賞を目指しているけど、今のところ2着が最高成績だから、タッグを組んで一緒に勝利を掴みたいんだ」

 夜も更けてきたのに、クリストフにも気合いが入る。

 2人に、日本の競馬での目標を聞いてみると、こんな答えが返ってきた。

「土曜日の第1レース! 週末最初のレースで弾みをつけて、その週の全部のレースに勝ちたい」

 本気でもありジョークでもある。ミルコの鉄板フレーズが飛び出した。

「それいいね! 僕もどんなレースでも勝ちたいけど、特に日本ダービーで勝ってみたい。ミルコは2回も勝ってるなら、僕に1回分ちょうだいよ」

 あれ……クリストフは眼が据わってないか? ホントにもう、そろそろこのへんで……。

 そして、京都の夜は更けてゆくのでありました。



イワタさんの集中力!?
俺はなんか違う意味の含み
を感じます。



さて、天皇賞最終追い切り
その他の情報を1つづつ。



完全に仕上がりました。
単走追いは当初予定通り。
時計を出す気は更々なかったが
自然と加速ラップを刻み
見た目も内容も超絶評価。
俺の中では ヤリ に
最も近づいている馬。
いきなり単勝に入ったら
間違いない!と判断したい。
天皇賞のその馬は
※オッズ理論部門の1-10位前後にいると思います!


最後に。

最終追い切りも上記の馬に
並ぶ評価。とにかく具合が良い!
のオンパレード。。。
中2週で終い重点にしても
相当この馬にしては
攻めている!!前走 ヤレズ で
人気はガタガタ。。。
チャンスなのでは?!
RVHをお楽しみに!!
↓↓↓↓↓↓↓↓

10-30位にいます!!



≪凛々たるオッズ理論 公式無料マガジン≫
→オリジナルオッズ解析と特別な情報から作成される「オッズ解析表」や馬券介入馬情報を毎週知りたい方は
無料メルマガ→凛々たるオッズ解析マガジン!

携帯から空メール登録はこちら


凛々たるオッズ理論
へいすけ

【連絡】 

凛々たるオッズ理論_LINEのおいて
グループトークに参加したい方はトークにて連絡下さい。
 
LINE_Pay割 始めました。
詳しくはLINEで!!!

今後とも凛々たるオッズ理論をよろしくお願い致します。

--------------------------------------

ランキングクリックにご協力下さいませ!
※オッズ理論部門の1-10位前後にいると思います!


10-30位にいます!!




≪凛々たるオッズ理論_line≫
▼lineをやっている方はこちら
凛々たるオッズ理論_lineを友だちに追加するには、スマートフォン端末にLINEをインストールした後、
↓↓↓クリック。
友達登録
rinrin line QR
or

ID検索
rinrin-odds を検索して下さい。

基本的に平日夜、土日しかこのline環境は
ありませんので、ご理解下さい。
関連記事
Category: 競馬

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する